サプリメント

話題のビタミンB12サプリ、期待できる効果を解説

更新日:

Pocket

私たちの身体にとって欠かせないビタミン、いろいろな種類があり、それぞれから期待できる効果も異なります。
そんななか今注目されているのが、ビタミンB12サプリです。
具体的にはどのようなビタミンなのか、また期待できる効果についてご紹介します。
ちょっとした身体の不調でお悩みの人は、ビタミンB12を配合したサプリメントを活用するのもおすすめですよ。

ビタミンB12のサプリメント

ビタミンB12とは?

ビタミンにはたくさんの種類があり、その一つに含まれるのがビタミンB12です。
ビタミンB1やビタミンB2は耳にすることがあるけれど、ビタミンB12ってどんな特徴があるの?という人もいるでしょう。
さっそくビタミンB12の特徴について解説します。

水溶性ビタミンB群の一種

ビタミンB12は、水溶性ビタミンB群の一種です。
コバルトというミネラルの一種を含むことから、赤いビタミンとも呼ばれています。
私たちの体内では、赤血球を作る際に働くビタミンです。
食品にも含まれているビタミンB12は、光や空気によって酸化する特徴があるため、食品を扱うときは密閉することが大切になります。
水溶性のビタミンでありながら、熱に強いという特徴を持っているのもポイントです。
ビタミンB12は私たちの体内にある腸内細菌によってつくられるもので、動物性の食品にしか含まれていません。
例外として、もやしや納豆にも含まれるので、身近な食材にもビタミンB12は含まれているのです。

ビタミンB12の働きとは

ビタミンB12は、私たちが生きていくうえで欠かせない栄養素ともいえます。
細胞分裂の際に欠かせない存在であり、ヘモグロビンの合成を助けるという役割も持っています。
新しく赤血球を作る際にも活躍し、その他核酸やアミノ酸、タンパク質の合成にも必要な存在です。
また、脂質の合成や修復を行なう働きもあり、より健康的な身体を保つために重要なビタミンといえます。

ビタミンB12が不足するとどうなる?

ビタミンB21不足で貧血気味の女性

私たちの身体にとって欠かせない存在であるビタミンB12、不足することでどのような異変は起きるのでしょうか?
代表的な症状に挙げられるのが、悪性貧血です。
ただ立ち眩みやめまいを感じるだけでなく、下痢や息切れ、動悸、身体のだるさなど様々な症状を引き起こします。
さらに、神経系にも影響を及ぼし、手足に痛みやしびれを感じたり物忘れなどが増えるといった症状を招く恐れもあるので注意が必要です。
また、悪性貧血の他、血液中の特定のアミノ酸が増えることで動脈硬化をはじめとした生活習慣病にかかるリスクも高まってしまいます。
大きな病気にも関係してくるビタミンB12、日々の生活できちんと補っておくことが大切なのです。

ビタミンB12から期待できる効果とは

ビタミンB12で健康な女性

不足することで怖い病気の引き金にもなるビタミンB12、しっかり摂取して不足しないようにしたいです。
ビタミンB12からは以下のような嬉しい効果も期待できるため、ぜひサプリメントなどを利用しながら摂取してみましょう。

貧血予防

不足すると悪性貧血を招くビタミンB12、しっかり補っておくことで貧血の予防ができます。
赤血球の不足によって貧血の症状が現れるため、食品やサプリメントから補給することが重要です。
ビタミンB12と葉酸が協力し合って赤血球を作ることから、両方を適度に摂取していることが貧血予防につながります。

睡眠を促す

最近寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めてしまうなど眠りに関する悩みを抱えている人にもビタミンB12はおすすめの栄養素です。
最近の研究で明らかになったことで、ビタミンB12が睡眠と覚醒のリズムにかかわっているという点が注目されています。
夜更かししたりお昼まで寝ていたりと生活が乱れているときにビタミンB12をたっぷり摂取すると、リズムを正常にすることができるというのです。
睡眠の質を高めたい、ときどき不規則な生活になってしまうことがあるという人は、ビタミンB12を意識して摂取してみましょう。

神経機能を正常に保つ

核酸やアミノ酸、タンパク質などの合成に大きくかかわってくるビタミンB12、神経機能を正常に保つ働きもあります。
肩こりや腰痛の原因となる末梢神経の傷を治す働きもあり、病院では治療薬としても使用されているほどです。
その他、神経機能にビタミンB12が関係しているという点は、アルツハイマー型認知症の人の脳を調べたある研究でも明らかになりました。
アルツハイマー型認知症の患者のビタミンB12は、健康な人に比べて少なくなっていたのです。
ここから、ビタミンB12は脳の機能を正常に保つ重要な役割をしていると再認識できるでしょう。
現在はビタミンB12がアルツハイマー型認知症に有効ではないかということで、研究が進められています。

ビタミンB12はどんな食品に含まれている?

B12が含まれている秋刀魚

いつまでも健康的に過ごすためしっかり摂取しておきたいビタミンB12、上記でも少し触れましたが、動物性食品やもやし、納豆などに含まれています。その他にもどんな食品に含まれているのか、ここではさらに詳しく見ていきましょう。日々の食事に取り入れながら、効率よくビタミンB12を摂取してみてください。

  • カツオ
  • サンマ
  • 海苔
  • 貝類
  • レバー
  • チーズ
  • もやし
  • 納豆

野菜を中心とした食事をしている人や貧血気味の人は、意識して上記の食品を摂取するようにしましょう。
手軽に用意できる納豆やチーズを毎日食べるようにしたり、みそ汁で貝類を積極的に使用するなど実践することでビタミンB12を摂取できます。
和食のときは海苔を用意する、もやしを使った常備菜を作っておくなどすることで、無理なくビタミンB12を補うことができるでしょう。
日々の食事ではなかなか難しいかも・・・という人は、ビタミンB12を含むサプリメントを探すと良いです。

私たちの身体に必要なビタミンB12、食品やサプリメントから上手に摂取しよう

あまり聞きなれないビタミンB12、実は私たちの身体を作り上げるうえで重要な役割を担っています。
どんな食品に含まれているのかを知り、日々の食事でも取り入れられるようにしましょう。
合わせてサプリメントを飲むのを日課にすると、無理なくビタミンB12を補給することができます。
続けやすい方法でビタミンB12を補い、毎日元気に過ごせるようにしましょう。

-サプリメント

Copyright© 水素水購入時の効果を比較検討する時に読む水素水ブログ , 2020 All Rights Reserved.