漢方

子供の夜泣き対策に、効果が期待できる漢方

更新日:

Pocket

このところ子供の夜泣きがひどい、睡眠不足になってしまって日中辛い・・・子供との生活の中でこのような夜泣きに関する悩みを抱えている人も少なくありません。
抱っこやおんぶで泣き止むまで待つとしても、体力に限界があります。
そこで、子供の夜泣きにおすすめな漢方をチェックしてみましょう。
たくさん種類のある漢方ですが、夜泣きに効果が期待できるものもあるとされています。

夜泣きにおすすめの漢方

子供の夜泣き、考えられる原因とは?

夜中に繰り返すことのある子供の夜泣き、その原因は何なのでしょうか?
そんなときもあると済ませたいところですが、何か原因がある場合はきちんと把握しておきたいです。
ここではまず、子供の夜泣きの原因について解説します。

生活習慣の乱れ

夜泣きの原因と漢方
子供の夜泣きの原因として1つ目に挙げられるのが、生活習慣の乱れです。
朝起きる時間が遅めだったり、お昼寝の時間が長すぎるといった生活が続いていると、夜ぐっすりと眠れなくなり目が覚めてしまいます。
このリズムが狂うことで自律神経やホルモンバランスにも乱れが生じるようになり、その結果身体に不調が現れるのです。
まだ話すことのできない年ごろでは泣くことしか訴える方法がないため、夜になって泣き出してしまいます。

ストレス

赤ちゃんから2歳、3歳と成長していくなかで、子供自身もストレスを受けています。
初めての場所に出かけたとき、初めての人と会ったときなど、ちょっとした生活の変化によってストレスを受けていることがあり、この関係で夜寝付きにくくなることもあります。
目に見えないストレスは、大人だけでなく子供にも大きな影響を与えるのです。

寝室の環境

子供から大人まで、寝室の環境はとても大切です。
季節に合わせてちょうど良い室温で、快適に眠れるのが一番です。
また、部屋の照明やパジャマの素材なども睡眠に大きく関係してきます。
子供の夜泣きが何日間も続いている、あやしているとき大人も辛く感じてしまう、そんなときは一度寝室の環境を見直してみましょう。
大人にとって居心地の悪い空間は、子供にとってももちろん同じです。
家族みんなでぐっすり眠れるよう、寝室の環境や衣類にも目を向けることが大切です。

子供の夜泣きに効果が期待できる漢方一覧

子供の夜泣きは、生活環境が大きく関係しているといえます。
少しでも早く安心して眠れるよう、できる対策は取ってあげたいものです。
そこで、対策の一つとしておすすめな漢方をぜひチェックしてみてください。
子供の夜泣きに効果が期待できるとされている漢方をいくつかご紹介します。

甘麦大棗湯

夜泣き全般におすすめとされている漢方です。
夜泣きで困っているときに処方される、一般的な漢方薬となっています。
心身の興奮を抑えて、不安定な気持ちを落ち着かせる作用があります。
夜泣きがひどくて眠れない子供に試してもらいたい漢方薬です。
子供だけでなく女性の情緒不安定にも使用されることの多い漢方薬で、身体の不調をやわらげてくれます。
漢方薬というと苦くて美味しくないというイメージがありますが、甘麦大棗湯は甘いので子供にとっても飲みやすいです。

抑肝散

夜泣きに効果のある漢方
肝の高ぶりを抑える働きのある漢方薬です。
もともと子供の夜泣きに使用されてきた漢方薬で、今では大人の神経症状にも使用されるようになりました。
子供の夜泣きの他、歯ぎしりやイライラ、不眠症、更年期障害などにも効果が期待できる漢方薬なので、常備しておくと家族みんなで飲むこともできるでしょう。

抑肝散陳皮半夏

こちらの漢方薬は、親子で一緒に飲むことができます。
子供の夜泣きがひどいとき、お母さんの心が不安定なこともあり、そのようなときに利用できるのが抑肝散陳皮半夏です。
子供の夜泣きや神経過敏、不眠症や更年期障害など様々な不調を改善することができます。
子供から大人までが利用できる漢方薬として、利用されることが多いです。

入眠儀式を家族で始めてみよう

子供を夜泣きから少しでも解放してあげたい、親子で安心して眠れる日々を過ごせるようになりたい、そのように考える親御さんも多いです。
そこで、夜泣きの原因の1つとして考えられる眠りの環境について改善を図ってみましょう。
ポイントは、入眠儀式を大切にすることです。
家族みんなが快適に眠れるよう、こんなことに目を向けてみてください。

子供が落ち着けるお気に入りのものを見つける

小さな子供は、お気に入りのものを抱っこしたり握って眠ることが多いです。
特定のぬいぐるみやタオル、おもちゃなどが挙げられます。
自分にとって大切なものがそばにあるだけで、安心して眠れる場合があります。
ぬいぐるみやタオルなどの大切なものを指で触ってみたり、顔に当ててみたり、子供なりに寝付くまでのクセみたいなものも出てくるでしょう。
これを大切にするだけでも、子供の心は落ち着き、ぐっすり眠れるようになります。

絵本を読んだり親子で過ごす時間を作る

漢方を飲み落ちついて本を読む親子
子供にとって安心できるものがそばにあると同時に、親子でリラックスして過ごすことも大切です。
そこで、寝る前にすることを決めて親子の時間を楽しんでみましょう。
なかでもおすすめなのが、絵本です。
子供がお気に入りの絵本を読むことで、心身ともにリラックスでき、その後すんなりと眠れるようになります。
寝室に絵本を置いておく、寝る時間になったら寝室に行きたくなる、そんな工夫をしてみるのもおすすめです。
絵本を一緒に選ぶ時間も大切にして、親子の会話を楽しんでみるのも一つの方法です。
お話の世界を楽しむことで、夜眠っている間にも楽しい夢が見られるかもしれません。

子供の夜泣きは漢方薬を活用しながら、親子でリラックスして過ごしてみよう

子供が夜泣きを始めてからいつまで経っても泣き止まない、毎日続くので困っているなど、実際に夜泣きと直面したら慌ててしまうことも多いです。
そんなときは漢方薬を利用しながら、夜の過ごし方を見直してみましょう。
親子で心身ともに落ち着いて過ごせるようになったら、少しずつ夜泣きは改善されていきます。

-漢方

Copyright© 水素水購入時の効果を比較検討する時に読む水素水ブログ , 2021 All Rights Reserved.