水素水について

水素水の濃度の限界とは?水素はどこまで水に溶けるのか

投稿日:

Pocket

健康や美容に良いと話題の水素水、いろいろなタイプの商品があって迷ってしまいます。
ペットボトルやサーバー、パックになっている水素水などがあるなかで、まず注目したいのが水素濃度です。
では、水素濃度は高ければ高いほど良いのでしょうか?今回は水素水の濃度について、その限界について考えてみましょう。

水素水の濃度にこだわる女性

水素水の濃度について

水素水は、濃度が記されていることでどれぐらいの水素が水の中に溶け込んでいるかがわかります。
水素水の濃度はppmという単位で表記され、これは「パーツパーミリオン」の略称です。1ppmの場合、1Lの水に1㎎の水素が含まれているという意味になります。
多くの水素水には、水素がどれぐらい含まれているか記載があります。
この数字を参考に、水素を効率よく摂取できる水かどうかを見極めるのがポイントです。
また、ただたくさん水素が入っていれば良いという問題でもなく、水素には飽和値という溶けきることのできる限界があります。
濃度の限界を知り、信頼できる水素水を選ぶことが大切なのです。

水素水の濃度の限界ってどれぐらい?

水素水の濃度が気になる女性

ppmで表記される水素濃度、水素水ごとに少しずつ数字が異なるためどれを選んだらよいかわからないと悩んでしまうこともあるでしょう。
そこで、水素水の濃度の限界(飽和値)について理解し、水素水を選んでみてください。

水素濃度の飽和値は1.6ppm

一般的に1気圧の水に溶け込むことができる水素は、1.57ppmが限界とされています。
科学的に言われていることなので、とにかく高濃度の水素水をたっぷり飲みたいとなってもこれ以上濃度が高いものを探すのは難しいです。
しかし、最近では1.6ppmを超える高濃度水素水も登場しており、生成方法に違いがあります。加圧式やナノバブル式といった生成方法であれば1.6ppmを超える水素水を作ることも可能です。
生成方法によって期待できる水素濃度が異なり、水素水からどんな効果を得たいのか、何のために飲みたいのかといった目的を明らかにした上で選ぶと良いでしょう。

身体に嬉しい効果が期待できる水素濃度は最大で0.4ppm

とにかく高濃度の水素水が欲しい!そう思っている人も多いでしょう。
多ければ多いほど水素のパワーを実感できるはずと考えている人も多いです。
しかし、身体に効果が期待できる水素水の濃度は最大でも0.4ppmとなっています。
つまり、0.4ppmの濃度の水素水であれば、十分身体に働きかけてくれるというわけです。
一方、0.4ppm以上の水素水を摂取してもあまり違いが見られないとのことで、0.4という数字を基準に水素水を選んでいけば安心です。
反対に、0.4ppmと0.4ppm以下を比べるとその効果の出方には差が出たという結果が出ています。
せっかく水素水を飲むのなら、濃度が0.4ppmのものを選んで飲んでみてください。

水素水の性質を知って上手に活用しよう

水素水を飲むと元気になる女性

水素水には、普通の水とは異なる性質があります。
美容や健康効果が期待できるなか、上手に活用することが重要です。
ここでは、水素水の性質について解説します。
性質を知った上で、安心して水素水を飲めるようにしましょう。

水素は抜けやすく逃げやすい

水素は、抜けやすく逃げやすいという性質があります。水に溶けにくいため、水素水を作ろうと思ったら圧力をかける必要があります。
水素は気圧の低い方に逃げようとする点から、コップに入れたまま放置しているとどんどん抜けていってしまうのです。
そのため、一度コップに注いだらできるだけ早く飲むようにしましょう。
飲むときに必要な量だけ注ぐようにすると、水素をきちんと摂取することができます。

どれぐらいで水素は抜けていく?

気圧の関係で抜けやすい性質を持つ水素、実際にはどれぐらいで抜けていくのでしょうか?空気に触れた瞬間一瞬でなくなってしまうものではなく、時間の経過とともに少しずつ抜けていきます。炭酸飲料の炭酸が抜けていくのと同じ仕組みです。
炭酸であれば空気の泡がコップやペットボトルにつくのでよく見えますが、水素水の場合は目で見て水素がどれだけ入っているか知ることができません。
1時間ほどで水素が0になるということもなく、少しずつ抜けていくと思っておくと良いでしょう。

水素水の選び方のポイント

水素水を探している夫婦

水素の濃度や性質についてわかったところで、続いて水素水の選び方についてご紹介しましょう。
これから水素水を飲んでみたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

商品のタイプをチェックしよう

水素水には、いろいろな商品があります。
商品ごとに生成方法が異なり、水素濃度も変わってきます。主流となっているタイプをいくつか以下に記すので、チェックしてみましょう。

ウォーターサーバー ボトル交換式や水道直結型などがあり、自宅に設置することでいつでも新鮮な水素水をたっぷり飲めるのがポイントです。購入またはレンタルで利用でき、価格はやや高い傾向にあります。
ミニサーバー キッチンやテーブルの上に置ける卓上タイプの商品です。給水タンクに水を注ぎ、水素水を生成します。備わっている機能によって価格が異なるなか、手軽に利用できるという点から注目を集めています。
携帯ボトル 水筒やペットボトルを携帯する感覚で利用できるタイプです。電気で水素を発生させるものが多く、出先でも出来立ての水素水を飲めるのが特徴です。

サイズ感や価格、水素濃度などに注目して選ぼう

水素水を生成できる商品のタイプをチェックしたら、次はサイズ感や価格、水素濃度といった点に注目してみましょう。
毎日の生活で手軽に水素水を利用できるよう、それぞれの自宅に合うサイズのサーバーなどを設置することが大切です。
それと同時に、価格も確認しておくとより計画的に購入できるでしょう。
また、生成できる水素水の濃度も細かく確認することで、より水素のパワーを実感できるようになります。

水素水は濃度が大事!数字に注目しながら納得のいく水素水を選ぼう

濃度の濃い水素水

水素水は、濃度に注目して選ぶことが大切です。
溶けきることのできる水素の量を知り、気になる水素水にはどれぐらい含まれているか調べてみましょう。
生成方法によっても、水素濃度は異なります。
美容や健康において嬉しい変化を実感できるよう、慎重に水素水を選びましょう。

-水素水について

Copyright© 水素水購入時の効果を比較検討する時に読む水素水ブログ , 2020 All Rights Reserved.