水素水について

水素水の作り方とは?自宅で作ってみたい方へ

投稿日:

Pocket

毎日飲んでいると美しくなれる、いろいろな病気を予防できると言われている水素水、調べてみるといろいろな方法で販売されています。
手軽に利用できるパウチタイプはコスパが悪いとされているため、継続して飲むのなら自宅での手作りがおすすめです。
ここでは、水素水の作り方について詳しく解説します。自宅で作ってみたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

水素水を自宅で作る女性

自宅で水素水を作るならこの3タイプをチェック!

出来立ての水素水を飲みたい、ずっと飲み続けたいからコスパに優れている自宅での手作りが良いというとき、どんな方法で水素水を作ることができるのか知っておきましょう。
主に3つの作り方があるので、それぞれの特徴を押さえることから始めてみてください。

水素ガスを水に溶かす方法

自宅で作る水素水

水素ガスを水に溶かして水素水を作る方法は、とても簡単にできます。
自宅に水素水サーバーを用意し、ミネラルウォーターを入れてサーバーのスイッチを押せば短時間で水素水が完成するので手軽です。
最近はコンパクトで手ごろな価格で購入できるサーバーも増えているので、気軽に水素水を試してみたいときにおすすめの方法です。

電気分解によって水素水を生成する方法

水素水サーバーにおいて現在注目されているのが、電気分解により水素水を作る方法です。
据え置きタイプのサーバーから持ち運び可能なボトルタイプまで様々な商品が登場しており、水に電圧をかけて水素水を生成します。
短時間で水素水を作ることができ、必要な量だけ生成できるのも魅力です。

マグネシウムを水に混ぜて作る方法

もっと手軽に水素水を作って飲んでみたいときにおすすめなのが、マグネシウムを使った方法です。
水の中にマグネシウムを入れてしばらく時間を置くだけで、美味しい水素水が出来上がります。
マグネシウムを多く含んだスティックを水の中に入れるタイプが多く、マグネシウムの含有量が多ければ多いほど高濃度水素水を作ることができます。
マグネシウムのスティックがあれば水素水が作れるので、出先で作ったり持ち運びする際にも便利です。
コスパにも優れている方法と言えるため、続けやすいコストで水素水を試してみたいと考える人におすすめです。

自宅で作れる3タイプの生成方法、メリットとデメリットも確認しておこう

お手製の水素水

水素水は、3つの方法で自宅で簡単に作ることができます。初めて水素水を作ってみようと考えている人にとっては、どの方法が合っているのか、また続けやすいのかわからないでしょう。そこで、それぞれのメリットとデメリットについて確認し、より自分に合う生成方法を見つけましょう。

水素ガスを溶かすタイプのメリット・デメリット

水素水サーバーを設置して水素ガスを水に溶かす方法には、こんなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 短い時間で高濃度水素水を作ることができる
  • 水の性質を変えることなく水素水を作ることができる

デメリット

  • 水素が気体として水の中に溶け込んでいるので、すぐに水素が抜け始める

水素ガスを注入するタイプは手軽に作れるものの、飲むときに作るというのがポイントです。完成してからすぐに、少しずつ水素が抜け始めるからです。飲むときにその都度作る方法が良い人にはおすすめです。

電気分解タイプのメリット・デメリット

今水素水サーバーとして販売されているなかで電気分解タイプも多くなっていますが、良い点と悪い点があるのでチェックしておきましょう。

メリット

  • 水素水が欲しいときにすぐ作れる
  • 活性酸素をよりしっかり除去する働きがある

デメリット

  • サーバーごとに水素水が出来上がるまでの時間が異なる
  • 水質がアルカリ性になる
  • 長期保存ができないため、持ち運びには適していない

電気分解タイプは、自宅で新鮮な水素水を飲みたい人におすすめです。サーバーごとに生成にかかる時間が異なる点や水質が変わる点にも注目しながら、納得のいく方法を選びましょう。

マグネシウムを混ぜるタイプのメリット・デメリット

一番手軽で持ち運びもできるマグネシウムを混ぜるタイプにも、メリットとデメリットがあります。

水素水を毎日飲んでいる女性

メリット

  • リーズナブルな価格で水素水が作れてコスパが良い
  • 水素が発生し続けるので、高濃度水素水を飲むことができる
  • 持ち運びが可能なので、出先でも水素水を利用できる

デメリット

  • 1 マグネシウムと水で化学反応を起こさせるため、水素水が出来上がるまでに少し時間がかかる
  • 2 水の味が少し変わる

気軽に試せるマグネシウムタイプは、作るのに時間がかかること、味が変わってしまう点に気を付けながら商品をチェックしてみましょう。

一人ひとりの使用頻度や利用する目的に合わせて、ぴったりな作り方を選ぼう

水素水を作るには、今回ご紹介したように3つの方法があります。一人ひとり水素水を利用する目的や頻度などが異なるため、生成方法のメリットとデメリットを把握した上で適したものを選ぶことが大切です。以下を参考に、自分にぴったりな方法を見つけてみてください。

  • 出先で水素水を飲むことが多くなりそう、持ち運びできるものが良い人には・・・マグネシウムと水を混ぜるタイプ
  • 飲みたいときにその都度水素水を作りたい人には・・・水素ガスを注入するタイプ
  • できるだけ高濃度の水素水を利用し、活性酸素をしっかり除去していきたい人には・・・電気分解タイプ

どんなシーンで水素水を飲むことが多いのか、何のために利用するのかなどをじっくり考え、長く使用できるサーバーやスティックを購入しましょう。

水素水は作る過程も楽しもう!

水素水は、一般的な飲み物に比べて新鮮さや濃度がポイントとなります。また作る方法にもいくつか種類があるので、せっかくなら水素水が出来上がる過程も楽しみながら作ってみましょう。
その際に、サーバー本体のサイズ感やデザイン、カラーなどにも配慮すると、より満足のいく商品と出会うことができますよ。美味しく飲むだけでなく作る過程も楽しめるような方法で、水素水を作ってみましょう。そして毎日水素水を飲みながら、身体でも嬉しい変化を実感してみてください。

-水素水について

Copyright© 水素水購入時の効果を比較検討する時に読む水素水ブログ , 2020 All Rights Reserved.