水素水スティックの効果

Pocket

健康や美容に良いとされ、今話題の水素水。試してみたいけれど、どんな種類があるのか分からないという人や、費用や効果が心配という人もいることでしょう。

そこで今回は、水素水の種類や、手軽さが人気の水素水スティックについてご紹介します。

水素水とは

そもそも、水素水とは一体何でしょうか。水素水は別名「水素豊富水」と呼ばれ、文字通り水素が通常よりも豊富に含まれた水のことを言います。水の化学式は「H₂O」という式で表されていますが、水素水の場合、さらに水素分子「H₂」が加わっています。

水素分子は酸素と結びつきやすい性質を持っているため、単体では存在しにくく、そのため空気中の酸素を求めて水中から逃げやすいという特徴があります。したがって、水素水を飲用する際は水素が水中にあるうちに飲み切るということがポイントです。

なぜ健康や美容に良いのか

それでは、なぜ水素水は美容や健康に良いのでしょうか。その理由は、水素が持つ性質にあります。水素は、前項の通り酸素と結びやすい性質を持っています。

この性質が、体内の「ある存在」に対して作用する時、結果として肌や体の不調を改善するということなのです。

その「ある存在」とは、「活性酸素」のことを差しています。活性酸素とは、本来細菌や病原体、紫外線などの有害物質が体内に侵入した際、それらを殺す強い免疫機能の役割を果たしています。

しかし、そのように強い性質であるがゆえに、増加し過ぎた場合、細胞を酸化させ体を錆びつかせてしまうこともあります。その「錆び」こそ肌にとってのシミやシワの原因であり、体にとっての老化や血行不良の要因です。

水素水に含まれる水素は、そのように体に悪い働きをもたらしている悪性の活性酸素のみに反応し、除去するということが分かっています。

水素水の様々な種類

今、市場で入手可能な水素水には、様々な種類があります。その中でも多く見受けられるのが、アルミパックタイプのものでしょう。

アルミパックタイプの利点は、水素水をこれから生活に取り入れようとしている人のお試し用として、気軽に使えるということと、スポーツや旅行の際の持ち運び用にも便利であるということではないでしょうか。

その後、水素水を日常的に取り入れたいという人には、サーバータイプやスティックタイプのものがおすすめです。

サーバータイプは、ウォーターサーバーのように、ボトルタンク式のものや、水道水から水素を生成するタイプのものがあります。

これらは室内利用が主な人や、飲用から洗顔などの美容、料理など幅広く使う人、また家族みんなで使いたいという人には向いています。

そして、最後になりましたが、スティックタイプのものも市販されています。これは、専用のスティックをペットボトルなどに挿しておくだけで、数分から数時間後に水素が発生し、水素水となるというものです。

利点としては、専用スティックを何度も洗って使えるということです。また、アルミパックタイプを都度買うよりも経済的で、なおかつサーバータイプよりも気軽であるということも、大きな魅力の一つです。

水素水スティックの仕組み

それでは、水素水スティックが水素を発生させる仕組みとはどんなものでしょうか。
詳しく見て参りましょう。水素水スティックにはマグネシウムが含まれています。

このマグネシウムが、水道水と触れることによって、水素が発生するというものです。
化学反応式で表わすと、このような式になります。

2H₂O+Mg=Mg(OH)²+H₂

これを一つ一つ見ていくと、「2H₂O+Mg」の部分は、水とマグネシウムを反応させることを示し、「Mg(OH)²+H₂」の部分は、その後生成された水酸化マグネシウム(Mg(OH)²)と水素(H₂)を示しています。

ここでお気づきになるかと思いますが、マグネシウム入りスティックを使って水素水を作る場合、一緒に水酸化マグネシウムも発生することになります。

水酸化マグネシウムは、便秘薬に含まれる成分であり、体の様々な機能を助ける成分ですが、摂取し過ぎると下痢を起こすことにもなりかねないので、注意が必要です。

水素水スティックのメリット・デメリット

さて、では水素水スティックのメリットとデメリットについて、それぞれ説明して参りましょう。まずメリットは、何と言ってもその手軽さです。

ペットボトルに挿すだけという点でも、持ち運びという点でも、生活の中に気軽に取り入れることができ、大変便利です。

また、洗って繰り返し使えるので、アルミパックタイプと比べても経済的です。
デメリットとしては、水素が発生するまでに時間がかかるものが多いという点です。

スティックを入れてからすぐに水素が発生するという訳ではなく、大体10時間ほどの時間を要するものがほとんどです。

また、スティックタイプの最大の特徴である、マグネシウムを過剰摂取しないようにすることが必要です。

水素水スティックの比較

人気の水素水スティックには、どのようなものがあるのでしょうか。
その種類と特徴について解説して参ります。

• セブンウォーターエクストラ / クオシア

販売価格 6,804円(税込・一か月分・専用ボトルつき)
引用元:「クオシア公式ページ」(https://quasia.net/)

セブンウォーターエクストラの特徴は、水素濃度の高さです。通常1.6ppmといった値であることに対し、糖商品では7.0ppmという値です。

また、水素発生時間も約10分と、短期間であることもポイントです。特許を取得しており、信頼度も抜群です。

購入する際に水素水を入れる専用のボトルも付属しており、通常のペットボトルとの汎用性はないので、ビギナーというより、水素水を本格的に取り入れたい人向けと言って良いでしょう。

•かんたんスッキリ水素水(ドクター水素水) / 株式会社FDRフレンディア

販売価格 3,240円(税込・3か月分)
引用元:「株式会社FDRフレンディア公式ページ」(http://dr-suisosui.jp/shop/)

ドクター水素水の魅力は、何と言っても手に取りやすい価格設定にあります。
また、専用のボトルとのセットも販売しており、その場合でも5,572円(税込)とお得です(web販売のみ)。

水素の発生は業界全体で平均10時間ほどかかるところ、2時間とかなり短いことも特徴です。スティックは洗って何度も使え、手入れも簡単です。水素水を気軽に始めたい人には、ぴったりの商品です。

まとめ

今回は、水素水の効能や水素水スティックのメリット・デメリットについてお話しして参りました。水素水を生成する機器や、市販の水素水には様々なものがありますが、どれも特徴があり、利点も欠点もまちまちです。

選び方のコツは、「何を一番優先させるか」にかかっています。知識や情報を精査しながら、自分に最も合った水素水を、この機会に取り入れてみては如何でしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*