水素水とは?

Pocket

最近では様々なメーカーから販売されるようになった水素水、普通の水とはどう違うの?どんな効果が期待できるの?と疑問を抱いている人も多いでしょう。
メーカーごとに水素水の特徴が書いてあるもののどんなふうに選んで、どのように利用すればよいかわからないという人も多いはずです。
そこで今回は、水素水とはどのようなものなのかという特徴について詳しく解説します。今水素水が気になっている人は、ぜひご覧ください。

健康に良い水素水

 

水素水とは?種類もチェック

水素水は、その名前の通り水素を含んだ水のことを指します。普通の水に何らかの方法で水素を入れたものであり、今健康や美容に良いと注目を集めています。そんな水素水にはいくつか種類があるので、確認しておきましょう。

水素とは

水素水に含まれている水素は、無味無臭、無色の気体です。私たちの身体にとって害はなく、数ある原子の中でもとても軽くて小さいのが特徴です。H2と表記される水素は、水素原子Hが2つつながった状態を指します。

水素水の種類は大きく3つ

水素水と呼ばれる商品には主に3種類あり、ペットボトルなどですでに水素水が出来上がっているもの、スティックをボトルの中に入れて水素を発生させるもの、サーバーや整水器などで水素水を作るものとがあります。それぞれの特徴について知り、自分に合う水素水を見つけてみましょう。

ペットボトルやパウチタイプの水素水

ペットボトルに入った水素水

一番手軽に水素水を利用することができるタイプです。すでに出来上がった水素水が専用の容器に入れて販売されているので、手元に届いたらさっそく飲むことができます。手軽な方法であるものの、保管しておく場所が必要になること、またややコスパが高いという点に注意が必要です。

スティックタイプ

コストをあまりかけず、必要な分だけ水素水を作りたいときにはスティックタイプがおすすめです。ペットボトルなどの容器にスティックを入れて普通の水を入れるだけで、新鮮な水素水が完成します。

サーバーや整水器

長く水素水を飲み続けたい、量もたっぷり欲しいという人にはサーバーや整水器を設置するのが良いでしょう。設置に時間や費用がかかるものの、ランニングコストの面では満足できます。

水素水は濃度も重要

水素水は、商品によって濃度が異なります。高濃度水素水と呼ばれるものには多くの水素が水の中に溶け込んでおり、その濃度はppmという単位で表記されます。1ppmであれば、1lの水には水素が1㎎溶けているということを示しています。
水素水の濃度は1.6ppmが飽和値となっており、この数字を基準に水素水を選ぶと高濃度水素水を見つけることができます。その一方で、1.6ppmを超える水素水も登場しているため、生成方法に注目しながら選ぶことが重要です。加圧式やナノバブル式と呼ばれる方法で作った水素水は、高濃度であるのが特徴です。
せっかく水素水を飲むなら水素をたっぷり含んでいる方が良いという意見もあるので、濃度にも注目し選んでみましょう。

水素水のなかでも電解水素水って何?

水素水を愛飲する親子

水素水が注目されるようになった今、電解水素水という言葉も見かけるようになりました。では、電解水素水とはどのようなものなのでしょうか?
3種類あると説明した水素水のなかでも、サーバーや整水器で作った水素水のことを電解水素水と呼びます。整水器の中で電気分解を行ない、マイナス極側にできた水が電解水素水です。
電解水素水は、一般的な水素水と比べるとこんな特徴があります。

アルカリ性である

サーバーなどで作った電解水素水は、アルカリ性です。マイナス極側において、電解水素水だけでなく水酸イオンも発生するため、アルカリ性となるのです。

普通の水よりもミネラルが豊富

電解水素水は、普通の水よりもミネラルが多く含まれています。電気分解によって、カルシウムイオンやマグネシウムイオンといったミネラルがマイナス極側に集まってくるからです。
電解水素水を上手に利用すると、ミネラル不足も補うことができるのです。

塩素を除去することが可能

整水器やサーバーで電解水素水を生成すると、水道水の中に残っている塩素や不純物などを除去することができます。そのため、普通の水道水に比べると美味しく、飲みやすいです。
そのまま飲むだけでなく、飲み物や料理にも安心して使用することができます。

いろいろある水素水、どうやって選べばいい?

電解水素水を飲む男性

水素水は生成方法によって、濃度や特徴が少しずつ異なります。そこで、ここでは自分に合う水素水を見つけるため、選び方をご紹介しましょう。水素水選びで悩んでいる人はご覧ください。

水素水の使用頻度を考えてみよう

パウチタイプやスティックタイプ、自宅にサーバーなどを設置する方法などがあるなかで、水素水をどれぐらい使用するか頻度を考えてみましょう。毎日の水分補給や料理などにもたっぷり使いたい場合は、整水器やサーバーを設置するのがおすすめです。
一方、出先で手軽に水素水を飲みたいときは、パウチタイプやスティックタイプが良いでしょう。パウチタイプは、飲み終わったらパックを処分できるので荷物になりません。スティックタイプは出来立ての水素水が飲めるというメリットがあります。

コストもしっかり計算しよう

水素水は、長期間にわたって利用することで私たちの身体に作用してくれます。そこで、長く続けることができるコストがどうかも計算しておきましょう。手軽に飲めて便利なパウチタイプは、毎日飲むとなるとコストが高めです。
サーバーなどは初期費用が発生するものの、その後のランニングコストは良いと言えます。費用や使い方、お手入れのしやすさなども合わせて確認しておくと、より満足して利用できる水素水と出会えるでしょう。

水素水は種類やその仕組みを知ることから始めよう!

水素水、最近話題になっているけれど普通の水とはどう違うんだろう?と感じている人は、ぜひ水素水の魅力を知って日常生活に取り入れてみてください。一人ひとり利用する目的が異なるので、じっくりと商品を選んでみてくださいね。
そして、水素水のある生活を続けて、毎日健康的に過ごしてみましょう。

更新日:

Copyright© 水素水購入時の効果を比較検討する時に読む水素水ブログ , 2020 All Rights Reserved.