水素を吸う時代に!水素水生成器ルルドハイドロフィクスの性能を紹介

Pocket

水素水生成器のメリット

水素の効果

水素の効果に注目が集まり、水素水や水素水生成器を愛用している人が増えてきました。

水素を摂取するメリットは、「人体に無害であること」「高い抗酸化作用を持っていること」があげられます。

つまり赤ん坊から高齢者までが安全に摂取することが可能だということです。ですから幅広い年代の層に受け入れられています。

水素は体の隅々まで浸透し、老化や病気の原因となる「悪性活性酸素」を除去してくれますので、多くの効能が期待できます。「体質改善」「美肌効果」「アンチエイジング効果」「生活病の予防」などがあげられます。

このように水素は多くの人たちの悩みを解決してくれるわけですが、そのためには毎日の摂取が欠かせません。毎日継続して摂取することで水素の効果を実感できるようになります。

水素水を愛用しているのならば水素水生成器がお勧め

水素を摂取する方法として最も知られているのは水素水を飲むことです。他にも水素水サプリメントで手軽に水素を摂取する方法があります。

市販されている水素水を購入することできますが、目標としたい1リットルを毎日飲み続けるとなると、コストがかかります。できるだけ経済的に水素を摂取したいと考えると、水素水を購入し続けるよりも水素水生成器を購入した方がお得です。

水素水生成器であれば、高い水素溶存濃度の水素水を飲みたいときに飲むことができます。理想としては0.8ppm以上の水素溶存濃度の水素水を毎日1リットル飲みたいですね。

ただし、1リットルの水を毎日飲むというのもなかなかたいへんなことかもしれません。だから水素水サプリメントを選択したという人もいるでしょうが、実は他の選択肢もあるのです。今回は新しい水素摂取の方法として「水素ガスの吸入」をお勧めいたします。

水素水生成器ルルドハイドロフィクスの性能

水素溶存濃度はどのくらいなのか

今回ご紹介するのは、ミライプラス株式会社より発売されている水素水生成器「ルルドハイドロフィクス」です。人気製品ですからご存の方も多いのではないでしょうか。

こちらの水素水生成器は、飲用水そのものを電気分解せず、別区画で水素を発生させ、それを飲用水に溶かし込む「電極非接触方式」で水素水を生成します。供給水素純度は99.5%です。

水素溶存濃度は1.2ppmです。1.0ppmという製品が多い中で、かなり高い水素溶存濃度を誇っています。水素メーターが付いており、一目で現状の水素溶存濃度を確認できます。

水素はどうしても抜けていってしまうため生成から時間が経過すると水素溶存濃度は低くなってしまうのですが、ルルドハイドロフィクスには追い炊き機能がついており、12時間後には自動的に水素が補完されるようになっています。

水素水の生成には時間がかかるのが難点でしたが、ルルドハイドロフィクスは1.2ppmの水素水1.5リットルをわずか30分で生成することが可能です。「時短モード」も搭載されており、10分で1.2ppmの水素水を500ミリリットル生成できます。手早く生成できるのが嬉しいですね。朝忙しい人にはとても助かる機能ではないでしょうか。

水道水は利用できるのか

基本的に塩素が含まれている水道水では水素水を生成することができません。浄水されたミネラルウォーターを使用するのが一般的です。しかしルルドハイドロフィクスは、別売りの浄水フィルターを装着させることで水道水を浄水して水素水を生成できるのです。

水道水を使用した場合の水素溶存濃度が1.2ppmであり、ミネラルウォーターを使用した場合は1.3ppmになります。どちらにせよ高い水素溶存濃度ですので、効果が期待できますね。

水道水を使用できることは、ランニングコストを考えても有利です。ただし、浄水フィルターは4ヶ月に1度は交換しましょう。

水素ガス吸入のメリット

水素摂取の効率の良さ

ルルドハイドロフィクスが注目される点は他にもあり、それが今回一番お伝えしたい「水素ガスとしての吸入」です。専用の水素ガス吸入用のカニューラを使用することで、水素水として飲むことなく、鼻から水素ガスを吸い込んで水素を摂取できるのです。

この水素ガスの水素摂取がとても効率的になっており、30分吸入すると1.0ppmの水素水780リットルを飲んだ分に相当します。1.0ppmの水素水1リットルに含まれる水素が1ミリリットルに対して、ルルドハイドロフィクスの水素ガスは1分で水素26ミリリットルを摂取できるからです。圧倒的な差になります。

水素水として飲むよりもはるかに水素摂取の効率が良いのが水素ガスということになります。特に大量の水を飲むことが厳しい人にとっては助かります。

水素ガス吸入は「ながら水素摂取」!?

水素ガス吸入用の鼻カニューラを装着しておけば水素を自然と摂取できます。両手はフリーですから読書をしたり、テレビを観たりと「ながら水素摂取」が可能なのです。忙しい人にとってもとても魅力ですね。

水素ガスの吸入というとイメージとしては、水蒸気のような気体が吹き出してきて、それを吸い込むというものだと思いがちです。しかし、実際はほとんど何も感じません。むしろ水素ガスが出ているのか心配になるぐらいです。水につけてみるとカニューラから気泡が出てきているのが確認できます。

それだけ気楽に、自然に、水素ガスというものは摂取できるのです。おそらく今後、水素の摂取の主流となっていくのが「水素ガスとしての吸入」ではないでしょうか。

■まとめ

今回ご紹介した水素水生成器「ルルドハイドロフィクス」はいかがでしたか。

水道水を利用して高い水素溶存濃度の水素水を生成できることもこの製品のポイントですが、同時に水素ガス吸入器としても使用可能なのです。とても使い勝手が良いですね。

いつも水素水や水素水サプリメントを飲んでいるけど効果が感じられないという人は、もしかするとその製品は水素溶存濃度が低すぎるのかもしれません。「美容」「健康」を補うという重要な役目を担っているわけですから、高機能の製品で水素の効果の素晴らしさを実感してほしいですね。

ぜひ皆さんもルルドハイドロフィクスを活用して、元気で明るい生活を過ごしてみませんか。水素はきっと皆さんの強い味方になってくれますよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*