水素水生成器は携帯タイプがイチバン?!

Pocket

水素水を手軽に活用して美容や健康を意識しているという人が増えている中、水素水に関する商品も数多く登場するようになりました。その中でも水素水生成器といって、自宅で手軽においしい水素水を作れるという機器が人気を集めています。水素水生成器には自宅に設置するタイプもあれば、携帯タイプもあります。携帯タイプなら、旅行先や出先などでも水素水を飲むことができます。そんな携帯タイプの水素水生成器について、メリットやデメリットを解説します。さらに、おすすめ携帯タイプの水素水生成器も紹介します。

水素水生成器 携帯タイプ メリットは?

携帯タイプの水素水生成器は便利そうという印象を持ちますが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

1 どこにいても作りたての水素水を飲むことができる

水素水生成器 携帯タイプにおいて最初に挙げるメリットは、やはりどこにいても水素水を利用できるという点でしょう。水素水サーバーや卓上型の水素水生成器は自宅や職場などに置いておくもので、そこでしか水素水を利用することができません。水素が時間と共に抜けていってしまうという特徴のある水素水だからこそ、いつでも新鮮な水素水を利用できるのは携帯タイプにおいての大きなメリットと言えます。携帯タイプなら、出先や旅先でも活用できるので、どんな時もおいしいできたての水素水を飲むことができます。

2 一人や二人での使用にぴったり

携帯タイプの水素水生成器は、一人暮らしや二人暮らしの人にぴったりな量を生成できます。大きなサーバーを設置して、一度にたっぷりと作っても飲みきれません。家族がたくさんいる場合には便利ですが、一人や二人では余ってしまいます。
そんな時も携帯タイプの水素水生成器は、飲みきれる分を生成できるので助かります。携帯するだけでなく、自宅で飲みたい分だけ作るという際にも活躍してくれるんです。

水素水生成器 携帯タイプ デメリットもある?

メリットを見てみると便利で良さそうと感じる携帯タイプの水素水生成器、デメリットはあるのでしょうか?考えられるデメリットをいくつか挙げてみます。

1 3人以上の家族で利用する際には足りない

一人暮らしや二人で利用する時にはちょうど良いサイズであった携帯タイプの水素水生成器ですが、3人以上の家族みんなで利用したいという場合には足りません。この点が、携帯タイプのデメリットとして挙げられます。さらに、水素水を飲むだけでなく料理や飲み物を作る際にも利用したいという時にも、携帯タイプでは足りなくなってしまいます。

2 欲しい時にその都度生成しなければいけない

飲みきれる分を生成できる携帯タイプは便利なように感じられますが、飲みたい時にその都度作らないといけないという点が大変だなと感じることもあります。出来立ての水素水の方が良いのは事実ですが、もうちょっと飲みたかったというときにもまた新しく生成しなければいけません。
一度に大容量の水素水を生成できる機器に比べると最低限の量しか作ることができないので、その点が携帯タイプのデメリットとしてなってしまうんです。

おすすめ携帯タイプの水素水生成器はこちら

飲みたい分だけ生成できてどこにいても利用できる携帯タイプは、デメリットとして大人数で利用できないという点がありました。そんなデメリットもすっきり解消できる携帯タイプの水素水生成器が登場しています。商品名はバンビといい、携帯タイプの水素水生成器において人気を集めています。そんなバンビについてもっと詳しく解説しましょう。

高濃度水素水を手軽に利用できる

バンビは、手軽に高濃度水素水を生成することができます。5分追い焚きモードのみでは1.0ppm、生成モードなら10分で1.4ppmの水素水を生成します。生成モードで作った水素水を6時間以内に追い焚きしたら、素早く出来立ての1.4ppmにまで濃度を高めることができるのもバンビの特徴となっています。
水素水といえば水素が徐々に抜けてしまうという難点がありますが、このバンビならいつでも水素濃度を高めることが出来るんです。

水道水からおいしい水素水が生成できる

バンビで水素水を生成する場合、新たにミネラルウォーターを用意する必要はありません。水道水を使っておいしい水素水ができるんです。これなら、コストも最低限で抑えることができます。水道水から水素水を生成できる機器はまだ数が少ないので、バンビのように水道水を入れるだけでおいしい水素水を作ってくれる機器は注目されています。水道水は自宅でも出先でもどこでもあるものなので、作りたい時に水素水を作ることが出来る機器なんです。

どんな容器でも水素水を生成できる

バンビは携帯タイプの水素水生成器ということで、最初についてくる専用のボトルでしか水素水を生成できないと思っている人が多いと思います。しかし、バンビはどんな容器でも水素水を生成できるんです。
グラスやマグカップにバンビを入れて水素水を作ることができます。これなら、3人以上と人数が多くなっても順番に水素水を生成できます。いろんな容器に入っている水道水を水素水を変えることができるので、バンビは美容院やサロンでも活用されています。容器を選ばず、簡単に出来たての水素水が飲めるという点が、バンビの魅力となっています。

携帯タイプの水素水生成器も種類が増えてきましたが、商品ごとの特徴をしっかりと押さえて、より自分に合ったものを選ぶようにしたいです。バンビは見た目もシンプルでスタイリッシュとなっており、みんなで出来たての水素水を利用できるというのが魅力となっています。ぜひ、バンビの公式ホームページで製品の特徴をチェックしてみてくださいね。

まとめ

水素水生成器はさまざまなタイプがありますが、携帯タイプは出先で飲みたい分だけ水素水を生成できるというメリットが嬉しいです。水道水から水素水を生成できるタイプの機器も増えてきているので、より身近に水素水を利用できるようになっています。携帯タイプは一人や二人分くらいの水素水しか生成できないというデメリットがありましたが、バンビならグラスに入っている水を水素水に変えることもできるので、みんなでおいしい水素水を飲むことができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*