自宅でいつでも飲める!家庭用水素水サーバー

Pocket

美容・健康ブームに乗って人気となった水素水。肌の老化や、あらゆる体の不調に有効であるとの声もあり、何かと話題になっています。

店頭には様々な商品が並び、選択肢が多岐に渡る分どれにするか迷ってしまうこともしばしばあります。

今回は、様々な水素水の種類とその中でも注目を集めている家庭用水素水サーバーについてご紹介します。

水素水にはどんな種類があるのか

様々な商品が販売されている水素水ですが、実際にはどんなものがあるのでしょうか。

まず一つ目は、アルミパックタイプのものです。一回分ごとに小分けになっていて、スーパーやコンビニエンスストアなどでも手軽に手に入れることの出来るタイプです。
このタイプは、水素水を試してみたい人や出先などで飲む場合に人気です。

次に、スティックタイプです。これは、専用のスティックを、水を入れたペットボトルなどに差し水素を発生させるというものです。スティックは何回も繰り返し使え、経済的です。

最後に、サーバータイプのものがあります。通常のウオーターサーバ-の形状をしており、水素水を生成するというものです。家族のいる方や、水を沢山使う人にはおすすめです。

水素水サーバーを選ぶときのポイント

水素水サーバーの種類

水素水サーバーの多くは、水道水を電気分解し(電気分解での水素水の作り方は、下記参照のこと)、水素を発生させるものがほとんどです。電気分解する際に電極に触れるため、電極に不純物が付着しやすいのも事実です。

そのため、定期的なメンテナンスが必要です。購入した際にメンテナンスにはどれくらいの頻度で来てもらえるか、故障した際のサポートが充実しているかなど、予め確認しておいたほうが無難と言えます。

また、それとは別にタンク型のサーバーも出回っています。このタイプの場合は、大体2年に一度、バクテリアの繁殖を防ぐため、業者がサーバーの交換をします。したがって、期限を過ぎて使用することのないよう、注意が必要です。

このような商品がある一方、「非電解接触方式」のサーバーも登場しています。このサーバーは、電極に接触した部分の水は捨てるようになっているため、純粋で安全な水素水を生成することができ、その点では飲み手にも安心です。

電気分解での水素水の作り方

電極に水を通過させ、陽極側に酸素を多く含む水、陰極側に水素を多く含む水に電気分解させます。この水を電解水素水(アルカリイオン水)と呼びます。

水道水が元に作られる電解水素水は、原水が各地域・家庭によって異なっているため、水素の濃度はまちまちです。

ただ、水道水にはもとよりミネラル分が豊富なため、電気分解した際にその栄養分が陰極に引き寄せられて、ミネラル豊富な水が生成されます。

水素水サーバーの値段

 

水素水サーバーは、各メーカーや種類によって値段もまちまちです。また、レンタルか販売でも料金が違ってきます。レンタルは、月額5,000円ほどで注文できるものもあり、便利です。

交換やメンテナンスにも柔軟に対応している業者がほとんどで、面倒な操作などもなく、万が一故障したときも安心です。また、アルミパックやスティックタイプにない便利さと言えば、どんなものにも使えるということです。

通常の商品が、飲料水としての使い道が主だとしたら、サーバータイプの場合、洗顔や料理などにもたっぷり使え、より健康志向の高い人には適しています。販売タイプのものだと、数十万円ほどと少し高価です。

 

人気の水素水サーバー比較

それでは、人気の水素水サーバーにはどのようなものがあるのでしょうか。
口コミや、実際に使用した感想をもとに、人気の水素水サーバーを比較してみましょう。
※引用元:「水素水サーバーの口コミ・ランキングを徹底比較」
(http://mnaoe.biz/suisosui/kutikomi/)

ピュアラス・ミニ / (株)ドクターズチョイス

通常販売価格 298,000円(税込)※web購入割引あり
※価格参照ページ;「ピュアラス・ミニ 」
(http://suiso-waterserver.com/html/page5.html)

ピュアラス・ミニは全国の病院や医療機関で採用されている水素水サーバーです。
容量は、2.3ℓと小型で、家庭で使用する場合にも場所をとらず、使いやすいタイプです。

冷却機能付きで、いつでも冷たい状態で飲むことが出来ます。また、高濃度の水素水を生成可能という点も、着目すべき点です。フィルター付きなので、飲料水の中に入る恐れのある不純物を、99.9%除去します。

手入れも簡単で、水素発生ユニットの水を抜き、清掃するだけなので余計な手間がかかりません。アフターフォローも充実しており、素早い対応も魅力の一つです。

デメリットは、容量が小さめなので、家族の多い場合は水を入れる頻度が高くなり、その都度生成が必要な点です。

 HⅡGAURA(エイチツー ガウラ) / GAURA(ガウラ)

レンタル価格 月々5,980円(税込) / 販売価格 198,000円(税込)
※価格・商品情報参照ページ;「GAURA ONLINE」
(https://www.gaura.co.jp/user_data/h2gaura.php)

エイチツー ガウラは、水道水直結型の電気分解方式水素水サーバーです。水道水直結型ならではのコストパフォーマンスの高さと、いつでも新鮮な水素水が生成可能なことが大きな魅力です。

また、自動洗浄機能がついているので、手入れに時間がかかりません。フィルター交換は一年に一回で、手続きの煩わしさも省け便利です。レンタルと販売の2パターンから使い方を選べるので、選択肢の幅があって検討しやすいことも、大きなポイントです。

そして、スタイリッシュなデザインと、ホワイトとブラウンから選べる二色のタイプでインテリアの邪魔をしないことも特徴の一つです。

アキュエラブルー / アキュエラ・サロン

レンタル一か月お試し価格 10,000円(税込)
購入価格 306,720円(税込)
※価格・商品情報参照ページ;「アキュエラ・サロン」
(http://www.aquelablue.com/)

アキュエラブルーは、電気分解方式水素水サーバーです。アキュエラブルーの特徴は、何と言っても保証期間の長さです。通常の業者が一年の期間であることに対し、三年間の保証期間がつきます。

また、電気ポットほどのスペースで設置可能な、コンパクトなサイズも魅力の一つです。そして、水道水直結型ではないため、持ち運び可能で、どこでも水素水を楽しめるという点も大きな利点です。

原水を入れてスイッチを入れるだけで、簡単に水素水を生成することが出来ます。

まとめ

様々な種類がある家庭用水素水サーバー。販売価格が高めであることが、頭を悩ませるポイントではないでしょうか。

ただ、飲料水以外にも、洗顔や料理など日常のあらゆるシーンで水を使う人にとっては、アルミパックやスティックタイプの商品を使用するよりもお得である場合も多いことは確かです。

サポートやメンテナンス面やレンタルなども考慮し、自分と家族に合った水素水サーバー選びをしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*