今さら聞けない活性水素水って何?

Pocket

水素水に関する情報を調べていると、水素水と活性水素水という言葉を見かけます。「水素水にも種類があるの?」「2つの違いって何?」という疑問を抱いている人も多いでしょう。そこで、ここでは水素水と活性酸素の違いを中心に解説していきます。さらに、水素水を上手に選ぶ方法も伝授します。

水素水にも種類があるの?

活性水素水と水素水の違いについて

同じ水素水のように思われる活性水素水と水素水ですが、実は違うものなのです。この2つは、生成方法の違いによって区別されています。それぞれの特徴を比較してみましょう。

 

活性水素水

 

活性水素水は、水の中に活性水素が溶け込んだ状態を指します。水を電気分解した際や金属で化学反応を起こした際に発生する水素が、活性水素となっています。水の電気分解においては水中にある電極に電圧をかけて、水を水素と酸素に分けます。化学反応の場合には、マグネシウムと水を反応させて活性水素を発生させます。活性水素水はこの2つの方法によって生成することができます。

活性水素水は、水の中に活性水素が溶け込んだ状態

 

水素水

 

水素水は、水の中に水素ガスが溶け込んだ状態を指します。水素ガス注入方法や圧力をかける方法で、水の中により多くの水素ガスを発生させることができます。水素濃度も、圧力をかける方法で行うと1.5ppmをはるかに超えると言われています。

このように、活性水素水と水素水は生成方法が異なるのです。多くの水素水生成器が活性水素水を生成してくれることもわかります。水素水に関してはアルミパウチで販売されているタイプにおいて、多く使用されています。

水素水はアルミパウチで販売されているタイプで多く使用

活性水素水は水素水より体に良い?

活性水素水と水素水の違いは主に生成方法にあるということですが、では実際に利用する際にはどちらの方がより良いのでしょうか?活性という言葉が入っている方が体に良さそう、効果がすぐに実感できそうと思ってしまいますが、本当のところはどうなのでしょうか?

活性水素水は活性酸素を除去してくれるという特徴から、優れた抗酸化物質とされています。水素には水溶性抗酸化物質と脂溶性抗酸化物質の両方ともの性質があり、体の隅々にまで行き渡り抗酸化作用を発揮します。水素は小さいという特徴もあるため、体の隅々にまで届くことができます。

また、酸化したものを元に戻すという酸化還元力についても水素は高くなっています。ただし、この酸化還元力については活性水素水でも水素水でも同じくらいとなっているので、活性水素水に限ったことではありません。酸化還元力があるということが抗酸化力に優れているということには直結しないので、このあたりの言葉の意味はよく理解しておく必要があります。酸化還元力と抗酸化力は比例関係にはならないのです。

水素水より活性水素水を飲んだ方が体の内側からケアしてくれそうという印象を抱きますが、活性水素水については学術的に完全には確立していません。まだまだ未知の分野となっており、わかっていないこともたくさんあるのです。今現在わかっているところでは、活性水素水は抗酸化力に優れており、体内の活性酸素をスムーズに除去してくれるという点でしょう。

今健康や美容に話題となっている水素水は、これからも研究が進んでいくでしょう。その中で新しい発見があると、水素水についてより深く知ることができます。実際に活性水素水を利用しているユーザーの声を見てみると、体が元気になってきた、お肌がきれいになった、睡眠がしっかり取れるようになり目覚めが良い・・・などと、継続していく中で効果を実感している人が増えています。活性水素水の生成方法を理解し、正しく継続していくことで体が元気になっていくのを実感している人がいるのも事実なのです。

活性水素水ユーザーの声を見てみると体が元気になってきた、お肌がきれいになったという声

水素水の場合はどうやって選べばいいの?

活性水素水の方が水素水より抗酸化力に優れているということですが、水素水を飲みたいという時にはどんな基準で製品を選べば良いのでしょうか?そのポイントを押さえていきます。

1 濃度に注目

水素水を選ぶにあたって、どれだけの濃度の水素水を生成できるのかという点が重要になります。濃度は製品によっていろんな数字が書かれていますが、目安は1.0ppmにすると良いでしょう。1.0ppm以下よりは、以上となっているものを選ぶと、よりたくさんの水素を摂取することができます。

記載されている濃度は出来たての水素水で一番良い状態のときを指しています。その後時間が経過すると共に、水素は減っていくので濃度も低くなります。そのことを踏まえた上で、濃度が高くなっているものを選ぶと良いでしょう。

水素水製品の濃度の目安は1.0ppm

2 酸化還元力もチェックしよう

水素水の濃度だけでなく、酸化還元力についてもきちんとチェックしておきたいです。水素水については、酸化還元単位の数値が低いものを選ぶようにしましょう。数値が低いほど抗酸化作用があるということなので、その点を誤解しないようにしてください。水素水自体酸化還元単位が低くなっていますが、製品によって多少の誤差があるので、生成方法や水素水の特徴を確認しながら、数値が低くなっているものを選ぶと良いでしょう。

 

3 生成方法もきちんと確認を

水素水を自宅で作る生成器の場合には、生成方法も納得した上で購入すべきです。水素水を生成できる機器は作り方に違いがあることがありますし、最近では手軽にペットボトルで水素水を作ることが出来る製品も登場しています。それぞれの製品がどんな生成方法で水素水を作っているのかという点を理解しておくと、抗酸化力に優れた活性水素水を生成してくれる機器と出会うことができます。例えばルルドハイドロフィクスはユーザーの評価が高い水素水生成器です。

 

まとめ

水素水はたくさんの製品があるからこそ、信頼できるものと出会うために水素水に関する正しい情報を得ないといけません。専門用語が出てきて意味が難しいと感じてしまうこともありますが、体で変化を実感できる水素水と出会うためには正しい情報を得て理解しておく必要があります。

使い勝手がよく、水素濃度も高く維持してくれる、そんな水素水と出会えると体にも嬉しい変化を実感できるでしょう。活性水素水の意味もわかったところで、さっそく気になる水素水生成器を比較してみましょう。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*